Loading...

研究業績

年度別業績


学術論文

  1. TCP using Adaptive FEC to Improve Throughput Performance in High-latency Environments
    Yurino Sato, Hiroyuki Koga, Takeshi Ikenaga
    IEICE Transactions on Communications, vol. E102-B, no. 3, pp. 537-544, March 2019

国際会議

  1. Improving Offload Delay using Flow Splitting and Aggregation in Edge Computing
    Yusuke Ito, Hiroyuki Koga
    Proc. IEEE 16th Consumer Communications & Networking Conference (CCNC2019), 2 pages, Las Vegas, USA, January 2019
  2. An Effective Scheme to Utilize Caches for Streaming Services in Mobile CCN
    Go Nakagawa, Yusuke Ito, Yurino Sato, Hiroyuki Koga
    Proc. IEEE 37th International Performance Computing and Communications Conference (IPCCC2018), 2 pages, Orlando, USA, November 2018
  3. A Cluster-based Cache Distribution Scheme in Content-Centric Networking
    Mikiya Yoshida, Yusuke Ito, Yurino Sato, Hiroyuki Koga
    Proc. ACM 5th Conference on Information-Centric Networking (ICN2018), 2 pages, Boston, USA, September 2018

国内研究会

  1. Improvement of Computing Latency Estimation in Orchestrator of MEC using Statistical Analysis
    Krittin Intharawijitr, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga, Katsunori Yamaoka
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 118, no. 465, NS2018-212, pp. 111-115, 宜野湾市, 2019年3月
  2. コンテンツ指向ネットワークにおけるクラスタ化を用いたキャッシュ分散手法
    吉田 未希也, 伊藤 友輔, 佐当 百合野, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 2018年ソサイエティ大会講演論文集, BS-6-14, p. S-27, 金沢市, 2018年9月
  3. [奨励講演]バーストロス環境におけるTCPスループット改善のためのインタリーブを用いた適応型FEC手法
    佐当 百合野, 古閑 宏幸, 池永 全志
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 118, no. 38, NS2018-23, pp. 47-52, 横浜市, 2018年5月

博士学位論文

  1. A Study on Performance Improvement of TCP using Forward Error Correction
    佐当 百合野
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 博士学位論文, 2019年3月
  2. A Study on Resource Allocation Schemes in Edge Cloud Computing
    伊藤 友輔
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 博士学位論文, 2019年3月

修士学位論文

  1. 情報指向ネットワークにおけるネットワーク符号化を用いたキャッシュ効率向上手法
    西 紘太朗
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2019年3月
  2. 情報指向ネットワークにおけるクラスタ化を用いたキャッシュ分散手法
    吉田 未希也
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2019年3月
  3. エッジコンピューティングにおけるフロー分割・集約手法の設計と実装評価
    李 岱融
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2019年3月

卒業論文

  1. リサイクル事業におけるIoT情報を活用した可視化システムの開発
    谷口 元紀
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2019年3月
  2. ICNにおける流入フロー待機による効率的な輻輳制御手法
    森山 尚紀
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2019年3月
  3. IoTセンサを用いた生ごみ処理機内蓄積量計測システムの開発
    熊 軼凡
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2019年3月

表彰

  1. 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 2018年度 若手研究奨励賞
    バーストロス環境におけるTCPスループット改善のためのインタリーブを用いた適応型FEC手法
    佐当 百合野
    2018年5月

学術論文

  1. A Bandwidth Allocation Scheme to Improve Fairness and Link Utilization in Data Center Networks
    Yusuke Ito, Hiroyuki Koga, Katsuyoshi Iida
    IEICE Transactions on Communications, vol. E101-B, no. 3, pp. 679-687, March 2018
  2. Simulation Study of Low Latency Network Architecture Using Mobile Edge Computing
    Krittin Intharawijitr, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga
    IEICE Transactions on Information and Systems, vol. E100-D, no. 5, pp. 963-972, May 2017

国際会議

  1. A Bandwidth Allocation Scheme Based on Residual Bandwidth Information in Mobile Edge Computing
    Yusuke Ito, Hiroyuki Koga, Katsuyoshi Iida
    Proc. ACM/IFIP/USENIX 18th International Middleware Conference (Middleware2017) workshops, 3 pages, Las Vegas, USA, December 2017
  2. A Bandwidth Allocation Scheme to Meet Flow Requirements in Mobile Edge Computing
    Yusuke Ito, Hiroyuki Koga, Katsuyoshi Iida
    Proc. IEEE 6th International Conference on Cloud Networking (CloudNet2017), pp. 114-118, Prague, Czech Republic, September 2017
  3. Practical Enhancement and Evaluation of a Low-latency Network Model using Mobile Edge Computing
    Krittin Intharawijitr, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga, Katsunori Yamaoka
    Proc. IEEE 41st Computers, Software and Applications Conference (COMPSAC2017), pp. 567-574, Turin, Italy, July 2017

国内研究会

  1. Implementation and Preliminary Evaluation of Low-latency Network Architecture
    Krittin Intharawijitr, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga, Katsunori Yamaoka
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 117, no. 299, IA2017-51, pp. 99-104, Bangkok, Thailand, 2017年11月
  2. モバイルエッジコンピューティングにおける残余帯域情報に基づく帯域割当手法
    伊藤 友輔, 古閑 宏幸, 飯田 勝吉
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 117, no. 262, NS2017-103, pp. 65-68, 大阪市, 2017年10月

卒業論文

  1. エッジコンピューティングにおける帯域割当手法の設計と実装評価
    園元 大成
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2018年3月
  2. IoTデータ収集のための伝送アルゴリズムに関する研究
    高田 彬人
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2018年3月
  3. 移動通信環境下における高品質なストリーミング配信に関する研究
    中川 豪
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2018年3月
  4. 災害時における自律的ネットワーク構築による避難誘導方式に関する研究
    野村 拓水
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2018年3月
  5. エッジコンピューティングにおけるアップロード効率向上のためのフロー制御手法
    鼈甲屋 天太
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2018年3月

表彰

  1. IEEE 福岡支部 平成29年度 学生研究奨励賞
    A Bandwidth Allocation Scheme to Meet Flow Requirements in Mobile Edge Computing, Proc. IEEE CloudNet2017, pp. 114-118, Sep. 2017
    伊藤 友輔
    2018年2月

学術論文

  1. Improving TCP Throughput Using Forward Error Correction
    Yurino Sato, Hiroyuki Koga, Takeshi Ikenaga
    IEICE Communications Express, vol. 6, no. 1, pp. 28-33, January 2017
  2. A Bandwidth Allocation Scheme to Improve Fairness in Data Center Networks
    Yusuke Ito, Hiroyuki Koga, Katsuyoshi Iida
    IEICE Communications Express, vol. 5, no. 5, pp. 129-134, May 2016

国内研究会

  1. Use Cases and Strategy for Model of Low-latency Network Architecture
    Krittin Intharawijitr, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga, Katsunori Yamaoka
    電子情報通信学会 2017年総合大会講演論文集, BS-5-1, pp. S-114-115, 名古屋市, 2017年3月
  2. モバイルエッジコンピューティングにおけるフロー要求に応じた帯域割当手法の提案
    伊藤 友輔, 古閑 宏幸, 飯田 勝吉
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 484, NS2016-175, pp. 105-110, 沖縄県中頭郡読谷村, 2017年3月
  3. Simulation Evaluation of Practical Model of MEC in Low-latency Network Architecture
    Krittin Intharawijitr, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 362, IA2016-77, pp. 79-84, 広島市, 2016年12月
  4. Modeling of Mobile Edge Computing for Low-Latency Network Architecture
    Krittin Intharawijitr, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga
    電子情報通信学会 2016年ソサイエティ大会講演論文集, BS-5-29, pp. S-108-109, 札幌市, 2016年9月
  5. データセンタネットワークにおける公平性と利用効率改善のための帯域割当手法の提案
    伊藤 友輔, 古閑 宏幸, 飯田 勝吉
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 111, NS2016-28, pp. 1-6, 札幌市, 2016年6月

卒業論文

  1. IoTにおける極小・大量データ取得を想定した伝送レート制御手法
    鶴田 直斗
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2017年3月
  2. コンテンツ指向ネットワークにおけるハッシュを用いたキャッシュ分散/探索手法
    松尾 圭介
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2017年3月
  3. モバイルエッジコンピューティングにおけるアップロード効率向上のためのフロー集約手法
    山下 達生
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2017年3月

国際会議

  1. A Bandwidth Reallocation Scheme to Improve Fairness and Link Utilization in Data Center Networks
    Yusuke Ito, Hiroyuki Koga, Katsuyoshi Iida
    Proc. IEEE 14th International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom2016), pp. 65-68, Sydney, Australia, March 2016
  2. Analysis of Fog Model Considering Computing and Communication Latency in 5G Cellular Networks
    Krittin Intharawijitr, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga
    Proc. IEEE 14th International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom2016), pp. 45-48, Sydney, Australia, March 2016
  3. A Server-based Flow Allocation Scheme for Streaming Services in Data Center Networks
    Yusuke Ito, Yurino Sato, Hiroyuki Koga, Katsuyoshi Iida
    Proc. 6th International Conference on Emerging Ubiquitous Systems and Pervasive Networks (EUSPN2015) Workshops, Elsevier, pp. 529-532, Berlin, Germany, September 2015
  4. Improved Handover Using Cloud Control in Heterogeneous Wireless Networks
    Ryota Ishikawa, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura
    Proc. IEEE 39th International Computers, Software and Applications Conference (COMPSAC2015), pp. 640-641, Taichung, Taiwan, July 2015

国内研究会

  1. Modeling and Evaluation of Low Latency Network Architecture Considering Computing Latency in Fog Servers
    Krittin Intharawijitr, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 115, no. 404, NS2015-164, pp. 103-108, 福岡市, 2016年1月
  2. 局所的負荷の広範囲分散を実現する二次元連鎖的フロー再配置モデルと性能評価
    川上 俊雄, 古閑 宏幸, 飯田 勝吉
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 115, no. 371, IA2015-77, pp. 49-52, 広島市, 2015年12月
  3. 誤り訂正技術を用いたTCPスループット改善手法の性能評価
    佐当 百合野, 古閑 宏幸, 池永 全志
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 115, no. 326, NS2015-124, pp. 75-80, 新潟市, 2015年11月
  4. データセンタネットワークにおける公平性改善のための帯域割当手法の提案
    伊藤 友輔, 古閑 宏幸, 飯田 勝吉
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 115, no. 1, NS2015-12, pp. 65-70, 高山市, 2015年4月

修士学位論文

  1. データセンタネットワークにおける公平性と利用効率改善のための帯域割当手法
    伊藤 友輔
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2016年3月

卒業論文

  1. 高品質ストリーミング配信のためのサーバ主導型無線AP切替に関する研究
    黒木 慶一
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2016年3月
  2. フロー情報を用いた適応型オンライン圧縮手法の設計と実装評価
    河野 剛
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2016年3月
  3. 商店街におけるドップラーセンサを用いた人流計測システムの開発と実証実験
    白井 直弥
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2016年3月
  4. フォグコンピューティングにおけるアップロード時間短縮手法に関する研究
    高田 航平
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2016年3月
  5. コンテンツ指向型ネットワークにおける分散キャッシュ探索手法の性能評価
    渡邉 浩太郎
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2016年3月
  6. コンテンツ指向型ネットワークにおける伝送レート制御に関する研究
    嶋田 仁
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2016年3月

表彰

  1. 電子情報通信学会 九州支部 平成27年度 学術奨励賞
    伊藤 友輔
    2016年3月

国際会議

  1. An Efficient Content Search Scheme to Expand the Search Range in Content-Centric Networking
    Yurino Sato, Takahiro Kawano, Hiroyuki Koga
    Proc. IEEE 11th International Conference on Design of Reliable Communication Networks (DRCN2015), pp. 81-82, Kansas City, USA, March 2015
  2. A Selective Caching Scheme that Adapts to Content Popularity Changes in Content-Centric Networking
    Takahiro Kawano, Masayoshi Shimamura, Hiroyuki Koga
    Proc. IEEE 11th International Conference on Design of Reliable Communication Networks (DRCN2015), pp. 83-84, Kansas City, USA, March 2015
  3. A Bandwidth Allocation Scheme to Improve Fairness in Data Center Networks
    Yusuke Ito, Hiroyuki Koga, Katsuyoshi Iida
    Proc. ACM 10th International Conference on emerging Networking EXperiments and Technologies (CoNEXT2014), pp. 7-8, Sydney, Australia, December 2014

国内研究会

  1. コンテンツ指向型ネットワークにおける分散キャッシュ探索手法の検討
    佐当 百合野, 河野 孝博, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 2015年総合大会講演論文集, B-6-111, p. 111, 草津市, 2015年3月
  2. オンラインブロック圧縮手法の実トラヒック検証
    河野 孝博, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 2015年総合大会講演論文集, B-6-92, p. 92, 草津市, 2015年3月
  3. ストリーミング配信のためのサーバ主導型フロー割当手法の検討
    岩田 賢人, 伊藤 友輔, 佐当 百合野, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 2015年総合大会講演論文集, B-6-81, p. 81, 草津市, 2015年3月
  4. コンテンツ指向型ネットワークにおける人気度変化に適応する選択的キャッシュ手法の性能評価
    河野 孝博, 嶋村 昌義, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 477, NS2014-269, pp. 541-546, 宜野湾市, 2015年3月
  5. 通信安定性・公平性向上のためのフロー記憶によるパケット転送制御手法の提案
    河野 孝博, 古閑 宏幸, 池永 全志
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 252, NS2014-115, pp. 63-68, 松江市, 2014年10月
  6. データセンタでの集中制御を用いた統一的輻輳制御機構の設計と実装
    石川 諒汰, 楠畑 勝彦, 飯田 勝吉, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 6, NS2014-14, pp. 71-76, 石垣市, 2014年4月
  7. ネットワーク収容効率向上を目的とした連鎖的フロー再配置モデルの提案と性能評価
    金子 樹, 石川 諒汰, 飯田 勝吉, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 6, NS2014-13, pp. 65-70, 石垣市, 2014年4月

修士学位論文

  1. コンテンツ指向型ネットワークにおける効率的なコンテンツ探索手法に関する研究
    周 甄
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2014年9月
  2. コンテンツ指向型ネットワークにおける人気度推測に基づく選択的キャッシング手法
    河野 孝博
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2015年3月

卒業論文

  1. ストリーミング配信サービスにおけるサーバ主導型フロー割当に関する研究
    岩田 賢人
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2015年3月
  2. フロー情報を用いたオンラインブロック圧縮効果の実トラフィック検証
    月成 考博
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2015年3月

国際会議

  1. Adaptive Online Compressing Schemes Using Flow Information on Advanced Relay Nodes
    Mei Yoshino, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga
    Proc. IARIA 13th International Conference on Networks (ICN2014), pp. 98-103, Nice, France, February 2014
  2. A Selective Caching Scheme Based on Request History in Content-Centric Networks
    Takahiro Kawano, Masayoshi Shimamura, Hiroyuki Koga
    Proc. ACM 9th International Conference on emerging Networking EXperiments and Technologies (CoNEXT2013), pp. 47-48, Santa Barbara, USA, December 2013
  3. A Unified Congestion Control Architecture Design to Improve Heterogeneous Wireless Network Efficiency and Accommodate Traffic by Various Rich Applications
    Katsuhiko Kusuhata, Itsuki Kaneko, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura
    Proc. IFIP 7th International Working Conference Performance and Security Modelling and Evaluation of Cooperative Heterogeneous Networks (HET-NETs2013), 5 pages, Ilkley, UK, November 2013
  4. Redundancy Control and Duplicate ACK Suppression Methods for TCP with FEC
    Yurino Sato, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga
    Proc. IEEE 21st International Conference on Network Protocols (ICNP2013), 2 pages, Gottingen, Germany, October 2013

国内研究会

  1. データセンターにおけるフロー数に基づく帯域割り当て手法の検討
    伊藤 友輔, 河野 孝博, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 2014年総合大会講演論文集, B-6-18, p. 18, 新潟市, 2014年3月
  2. コンテンツ指向型ネットワークにおける要求履歴を用いたキャッシュ効率向上手法の提案
    河野 孝博, 嶋村 昌義, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 244, NS2013-112, pp. 117-122, 札幌市, 2013年10月
  3. コンテンツ指向型ネットワークにおけるチャンク流量を考慮したキャッシュ効率向上手法の検討
    河野 孝博, 嶋村 昌義, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 2013年ソサイエティ大会講演論文集, B-6-12, p. 12, 福岡市, 2013年9月

修士学位論文

  1. 前方誤り訂正を用いたTCPスループット改善手法
    佐当 百合野
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2014年3月
  2. 高機能中継ノードにおける転送待ち時間を利用したオンラインブロック圧縮手法
    芳野 萌生
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2014年3月

卒業論文

  1. データセンタネットワークにおける帯域割当による公平性改善に関する研究
    伊藤 友輔
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2014年3月

表彰

  1. 電子情報通信学会 九州支部 平成25年度 学術奨励賞
    佐当 百合野
    2014年3月

国際会議

  1. Performance Evaluation of Transmission Order Control on Relay Nodes in Multi-hop Wireless Networks
    Kentaro Kameyama, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga
    Proc. IEEE 27th International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA2013) Workshops (TeNAS2013), pp. 589-594, Barcelona, Spain, March 2013

国内研究会

  1. 誤り訂正技術を用いたTCPの性能改善手法の検討
    佐当 百合野, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義, 池永 全志
    電子情報通信学会 2013年総合大会講演論文集, B-6-126, p. 126, 岐阜市, 2013年3月
  2. マルチホップ無線環境における通信安定化のためのパケット転送順序制御手法の性能評価
    亀山 健太郎, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義, 福田 豊, 池永 全志
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 112, no. 463, NS2012-182, pp. 101-106, 沖縄県中頭郡読谷村, 2013年3月

修士学位論文

  1. マルチホップ無線環境における通信安定化のためのパケット転送順序制御手法
    亀山 健太郎
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2013年3月

卒業論文

  1. 情報セントリックネットワークにおけるキャッシュ機構の特性評価
    河野 孝博
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2013年3月
  2. ハイブリッド無線メッシュネットワークにおける経路選択手法に関する研究
    木村 建晴
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2013年3月
  3. 商店街におけるモバイル端末を活用した相互支援型サービスの提案と実証実験
    宮里 明宏
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2013年3月

表彰

  1. 電子情報通信学会 九州支部 平成24年度 学術奨励賞
    亀山 健太郎
    2013年3月

学術論文

  1. マルチホップ無線環境におけるルータ主導型パケット転送順序制御手法
    亀山 健太郎, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義, 福田 豊, 池永 全志
    電子情報通信学会 論文誌B, vol. J95-B, no. 2, pp. 219-228, February 2012

国際会議

  1. Transparent Caching Scheme on Advanced Relay Nodes for Streaming Services
    Sho Nishimura, Masayoshi Shimamura, Hiroyuki Koga, Takeshi Ikenaga
    Proc. IEEE 26th International Conference on Information Networking (ICOIN2012), pp. 404-409, Bali, Indonesia, February 2012

国内研究会

  1. 高機能中継ノードにおけるフロー情報を用いた適応型オンライン圧縮手法の性能評価
    芳野 萌生, 西村 祥, 嶋村 昌義, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 111, no. 468, NS2011-194, pp. 87-90, 宮崎市, 2012年3月
  2. 高機能中継ノードを用いたストリーミングサービスのための透過型キャッシングアルゴリズムの提案
    西村 祥, 嶋村 昌義, 古閑 宏幸, 池永 全志
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 111, no. 468, NS2011-193, pp. 81-86, 宮崎市, 2012年3月
  3. 誤り訂正技術を用いたTCPレート制御の検討
    佐当 百合野, 西村 祥, 嶋村 昌義, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 111, no. 468, NS2011-188, pp. 53-56, 宮崎市, 2012年3月
  4. 高機能中継ノードを用いたストリーミングサービスのための透過型キャッシングアルゴリズムの検討
    西村 祥, 嶋村 昌義, 古閑 宏幸, 池永 全志
    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 13-2P-06, p. 651, 佐賀市, 2011年9月
  5. 中継ノードを用いたグループ通信におけるトラヒック分散手法の検討
    三原 弘幹, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義, 池永 全志
    電子情報通信学会 2011年ソサイエティ大会講演論文集, B-6-73, p. 73, 札幌市, 2011年9月
  6. マルチホップ無線環境におけるルータ主導型パケット転送順序制御手法の性能評価
    亀山 健太郎, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義, 福田 豊, 池永 全志
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 111, no. 144, NS2011-53, pp. 19-24, 旭川市, 2011年7月

修士学位論文

  1. ストリーミングサービスのための透過型キャッシングアルゴリズムに関する研究
    西村 祥
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2012年3月

卒業論文

  1. フロー情報を用いたオンライン圧縮効果の実トラヒック検証
    岩下 祐一
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2012年3月
  2. 誤り訂正技術を用いたTCPレート制御に関する研究
    佐当 百合野
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2012年3月
  3. 市街地における高機能モバイル端末を活用したサービス提案と実証実験
    品田 真人
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2012年3月
  4. フロー情報を用いた適応型オンライン圧縮手法の性能評価
    芳野 萌生
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2012年3月

学術論文

  1. Kyushu-TCP: Improving Fairness of High-Speed Transport Protocols
    Suguru Yoshimizu, Hiroyuki Koga, Katsushi Kouyama, Masayoshi Shimamura, Kazumi Kumazoe, Masato Tsuru
    IEICE Transactions on Communications, vol. E93-B, no. 5, pp. 1104-1112, May 2010

国際会議

  1. Performance Evaluation of Split Connection Methods for Session-based Group-oriented Communications
    Hiroshi Emina, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga
    Proc. IARIA 10th International Conference on Networks (ICN2011), pp. 388-393, St. Maarten, The Netherlands Antilles, January 2011

国内研究会

  1. 高機能中継ノードにおけるフロー情報を用いた適応型オンライン圧縮手法の検討
    山尾 研太, 嶋村 昌義, 古閑 宏幸, 池永 全志
    電子情報通信学会 2011年総合大会講演論文集, B-6-113, p. 113, 東京, 2011年3月
  2. グループ通信のためのフロー制御機能を有するセッション内コネクション分割手法
    恵美奈 弘, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義, 池永 全志
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 110, no. 448, NS2010-290, pp. 723-728, 宜野湾市, 2011年3月
  3. ストリーミングサービスのための高機能中継ノードによる透過型キャッシング手法の提案
    西村 祥, 嶋村 昌義, 恵美奈 弘, 古閑 宏幸, 池永 全志
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 110, no. 373, IN2010-123, pp. 31-36, 吹田市, 2011年1月
  4. グループ通信におけるセッション内コネクション分割手法の性能評価
    恵美奈 弘, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義, 池永 全志
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 110, no. 116, IN2010-34, pp. 67-72, 札幌市, 2010年7月

修士学位論文

  1. グループ指向型通信のためのセッション内フロー集約手法
    恵美奈 弘
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2011年3月

卒業論文

  1. マルチホップ無線環境におけるルータ主導型トラヒック制御手法の性能評価
    亀山 健太郎
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2011年3月
  2. 中継ノードを用いたグループ指向型通信におけるトラヒック分散制御手法
    三原 弘幹
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2011年3月
  3. フロー情報を用いた適応型オンライン圧縮手法
    山尾 研太
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2011年3月
  4. 商店街におけるICT基盤を活用したサービス提案と実証実験
    山下 俊介
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2011年3月

学術論文

  1. Compressing Packets Adaptively Inside Networks
    Masayoshi Shimamura, Hiroyuki Koga, Takeshi Ikenaga, Masato Tsuru
    IEICE Transactions on Communications, vol. E93-B, no. 3, pp. 501-515, March 2010

国際会議

  1. Method to Improve Fairness for High Speed Transport Protocols
    Suguru Yoshimizu, Hiroyuki Koga, Katsushi Kouyama, Masayoshi Shimamura, Kazumi Kumazoe, Masato Tsuru
    Proc. IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PacRim2009), pp. 756-761, Victoria, Canada, August 2009
  2. Split Connection Scheme for Session-Based Group Communication
    Hiroshi Emina, Yusuke Sugio, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga
    Proc. IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PacRim2009), pp. 612-617, Victoria, Canada, August 2009
  3. Connection Control Methods in Session Migration between Access Terminals
    Yusuke Sugio, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura, Kenji Kawahara, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    Proc. IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PacRim2009), pp. 527-532, Victoria, Canada, August 2009
  4. Congestion Propagation in Multihop Wireless Networks
    Yoichi Yamasaki, Hiroyuki Koga, Yutaka Fukuda, Masayoshi Shimamura, Yuji Oie
    Proc. IEEE/IPSJ 9th International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2009), pp. 286-287, Seattle, USA, July 2009
  5. Streaming Media Caching on Advanced Relay Nodes
    Yusuke Sugio, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga
    Proc. IEEE/IPSJ 9th International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2009), pp. 282-283, Seattle, USA, July 2009

国内研究会

  1. マルチホップ無線ネットワークにおけるトラヒック特性を考慮した輻輳制御手法の検討
    山崎 翔一, 古閑 宏幸, 福田 豊, 嶋村 昌義, 尾家 祐二
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 109, no. 448, NS2009-238, pp. 427-432, 宮崎市, 2010年3月
  2. 端末間セッションマイグレーションにおけるアクセスリンク情報を用いたコネクション制御手法
    杉尾 勇介, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義, 川原 憲治, 池永 全志, 尾家 祐二
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 109, no. 448, NS2009-198, pp. 205-210, 宮崎市, 2010年3月
  3. 高速TCPに対する公平性改善手法KTCPの性能評価
    藤井 浩太, 吉水 卓, 嶋村 昌義, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 109, no. 448, NS2009-178, pp. 95-100, 宮崎市, 2010年3月
  4. 高速TCPの公平性改善のための輻輳制御アルゴリズムの検討
    吉水 卓, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義, 鶴 正人
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 109, no. 327, IN2009-91, pp. 25-30, 神戸市, 2009年12月
  5. グループ通信におけるセッション内コネクション分割手法の提案(発表資料(PDF)はこちらです。)
    恵美奈 弘, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義, 池永 全志
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 109, no. 273, NS2009-119, pp. 89-94, 石川郡, 2009年11月

修士学位論文

  1. 端末間セッションマイグレーションにおけるコネクション制御方式
    杉尾 勇介
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2010年3月
  2. マルチホップ無線ネットワークのトラヒック特性に関する研究
    山崎 翔一
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2010年3月
  3. スループット公平性向上のための高速TCP輻輳制御方式
    吉水 卓
    北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 情報工学専攻 修士学位論文, 2010年3月

卒業論文

  1. 大規模広帯域ネットワークにおける高速TCP輻輳制御改善手法の有効性評価
    安達 靖浩
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2010年3月
  2. ストリーミング配信サービスにおけるコンテンツキャッシング手法の性能評価
    西村 祥
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2010年3月
  3. ネットワーク支援による端末間セッションマイグレーションに関する研究
    能美 光
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2010年3月
  4. マルチホップ無線ネットワークを活用した商店街電子広告システムの実証実験
    萩原 啓太
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2010年3月
  5. 多様な高速TCPに対する公平性改善手法の有効性評価
    藤井 浩太
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2010年3月

表彰

  1. 電子情報通信学会 九州支部 平成21年度 学術奨励賞
    吉水 卓
    2010年3月

学術論文

  1. Hose Bandwidth Allocation Method to Achieve a Minimum Throughput Assurance Service for Provider Provisioned VPNs
    Masayoshi Shimamura, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga, Youki Kadobayashi, Suguru Yamaguchi
    IPSJ Journal, vol. 49, no. 12, pp. 3967-3984, December 2008

国際会議

  1. Proposal of New Layer of Indirection between Application and Transport Layers for Flexible Communications in IP Networks
    Nobuo Ryoki, Hiroyuki Koga, Kenji Kawahara, Yuji Oie
    Proc. IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2008) Workshops, pp. 289-292, Turku, Finland, July/August 2008

国内研究会

  1. 高機能中継ノードを用いたストリーミングデータキャッシング
    嶋村 昌義, 松藤 理沙, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 2009年総合大会講演論文集, B-6-108, p. 108, 松山市, 2009年3月
  2. 端末間セッションマイグレーションにおけるコネクション制御手法の性能評価
    杉尾 勇介, 古閑 宏幸, 嶋村 昌義, 川原 憲治, 尾家 祐二
    電子情報通信学会 2009年総合大会講演論文集, B-6-53, p. 53, 松山市, 2009年3月
  3. グループコミュニケーションにおけるセッション内フロー制御手法の検討
    恵美奈 弘, 杉尾 勇介, 嶋村 昌義, 古閑 宏幸
    電子情報通信学会 2009年総合大会講演論文集, B-6-52, p. 52, 松山市, 2009年3月
  4. マルチホップ無線ネットワークにおける輻輳伝搬及び同期現象
    山崎 翔一, 古閑 宏幸, 福田 豊, 尾家 祐二
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 108, no. 342, IN2008-100, pp. 85-90, 広島市, 2008年12月
  5. 高速トランスポートプロトコルに対する親和性向上手法の提案と評価
    吉水 卓, 古閑 宏幸, 神山 勝司, 熊副 和美, 川原 憲治, 鶴 正人, 尾家 祐二
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 108, no. 342, IN2008-95, pp. 55-60, 広島市, 2008年12月
  6. 端末間セッションマイグレーションにおけるコネクション制御手法の提案と評価
    杉尾 勇介, 古閑 宏幸, 領木 信雄, 川原 憲治, 尾家 祐二
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 108, no. 92, IN2008-21, pp. 67-72, 札幌市, 2008年6月

卒業論文

  1. グループ指向型通信におけるセッション内コネクション制御手法に関する研究
    恵美奈 弘
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2009年3月
  2. 高速トランスポートプロトコルにおける公平性向上手法の実機評価
    永島 翔
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2009年3月
  3. 市街地におけるマルチホップセンサーネットワークの実証実験
    半田 真之
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2009年3月
  4. 実トラヒックを用いたオンライン圧縮アルゴリズムの効果に関する研究
    平尾 典子
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2009年3月
  5. ストリーミング配信サービスにおけるコンテンツキャッシング手法に関する研究
    松藤 理沙
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2009年3月
  6. 次世代ネットワークにおけるハンドオーバ手法の実機評価
    矢島 大資
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2009年3月

学術論文

  1. Proposal for Adaptive Bandwidth Allocation Using One-way Feedback Control for MPLS Networks
    Teruaki Yokoyama, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga, Suguru Yamaguchi
    IEICE Transactions on Communications, vol. E90-B, no. 12, pp. 3530-3540, December 2007

国際会議

  1. Provisioning Algorithm for Minimum Throughput Assurance Service in VPNs Using Nonlinear Programming
    Masayoshi Shimamura, Katsuyoshi Iida, Hiroyuki Koga, Youki Kadobayashi, Suguru Yamaguchi
    Proc. IEEE Australasian Telecommunication Networks and Applications Conference 2007 (ATNAC2007), pp. 311-316, Christchurch, New Zealand, December 2007
  2. Media-handover-aware TCP: Preventing Quality Degradation on Co-existing Real-Time Communications
    Hiroki Baba, Hiroyuki Koga, Katsuyoshi Iida, Katsunori Yamaoka, Yoshinori Sakai
    Proc. IEEE 3rd International Conference on Wireless and Mobile Computing, Networking and Communications (WiMob2007), New York, USA, October 2007

国内研究会

  1. 多様化したアクセス環境に対応するネットワークアーキテクチャ
    領木 信雄, 古閑 宏幸, 川原 憲治, 尾家 祐二
    電子情報通信学会 2008年総合大会講演論文集, BK-1-15, pp. SS-29-30, 北九州市, 2008年3月
  2. 柔軟なアプリケーション転送フローを構成する間接層の提案
    領木 信雄, 古閑 宏幸, 川原 憲治, 尾家 祐二
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 107, no. 443, NS2007-128, pp. 47-50, 大分市, 2008年1月
  3. 最低帯域保証を実現するVPNサービスにおける非線形計画法を用いたプロビジョニングアルゴリズム
    嶋村 昌義, 飯田 勝吉, 古閑 宏幸, 門林 雄基, 山口 英
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 107, no. 249, IN2007-83, pp. 35-40, 小金井市, 2007年10月

卒業論文

  1. 可視化ツールを用いた高速トランスポートプロトコルの実機評価
    大城 達矢
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2008年3月
  2. 端末間セッションマイグレーションにおけるトラヒック特性に関する研究
    杉尾 勇介
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2008年3月
  3. 市街地における無線メッシュネットワークの実証実験
    仲西 俊哉
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2008年3月
  4. マルチホーム環境における通信メディア間レート制御手法に関する研究
    福永 敏彦
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2008年3月
  5. マルチホップ無線ネットワークにおける輻輳現象に関する研究
    山崎 翔一
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2008年3月
  6. 高速トランスポートプロトコルに対する親和性向上手法の性能評価
    吉水 卓
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 卒業論文, 2008年3月

特許

  1. 無線パケット通信装置および無線パケット通信方法
    尾家 祐二, 古閑 宏幸, 庄司 隆浩, 加藤 修
    特許第3953343号, 2007年5月

国際会議

  1. TCP Fairness Improvement of DCCP Flow Control for Bursty Real-Time Applications
    Quoc Truong Tong, Hiroyuki Koga, Katsuyoshi Iida, Yoshinori Sakai
    Proc. IEICE/IEEK/IEEE 1st International Conference on Communications and Electronics (ICCE2006), pp. 66-71, Hanoi, Vietnam, October 2006
  2. Handover Management based on the Number of Frame Retransmissions for VoWLANs
    Shigeru Kashihara, Kazuya Tsukamoto, Hiroyuki Koga, Yuji Oie
    ACM 7th International Symposium on Mobile Ad Hoc Networking and Computing (MobiHoc2006), Poster and Demo Sessions, Florence, Italy, May 2006
  3. Handover Latency Reduction on Host-based Mobility in Moltihomed Networks
    Hiroyuki Koga, Katsuyoshi Iida, Hiroaki Haraguchi, Yuji Oie
    Proc. IEEE 63rd Vehicolar Technology Conference (VTC2006-Spring), CD-ROM(9C-3), Melbourne, Australia, May 2006

国内研究会

  1. DCCPを用いたバースト的実時間通信におけるTCP親和性向上手法
    トン チュオン コク, 古閑 宏幸, 飯田 勝吉, 酒井 善則
    電子情報通信学会 2006年ソサイエティ大会講演論文集, BS-5-4, p. S-18, 金沢市, 2006年9月
  2. DCCPを用いたバースト的実時間通信におけるTCP親和性向上手法の提案とその性能評価
    トン チュオン コク, 古閑 宏幸, 飯田 勝吉, 酒井 善則
    電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 106, no. 236, NS2006-97, pp. 151-156, 仙台市, 2006年9月

講演

  1. 次世代ネットワークに向けたレイヤリング構造の組み直し
    古閑 宏幸
    第10回JGN2ワークショップ, 北九州市, 2006年12月

特許

  1. 無線通信装置および無線パケット通信方法
    尾家 祐二, 古閑 宏幸, 庄司 隆浩, 加藤 修
    特許第3823061号, 2006年6月

表彰

  1. 電子情報通信学会 第6回 ネットワークシステム研究賞
    通信品質を考慮したマルチホーム通信メディア最適化機構の設計と実装
    古閑 宏幸, 原口 浩朗, 飯田 勝吉, 尾家 祐二
    2007年3月